自宅の鍵交換をするなら!専門業者に頼むか自分でするかどちらがいいのかなどを解説します

自宅の鍵交換をするとき、安く済ませようとか早く済ませようと考えて自分で交換してしまうと、知識と技術がないことで防犯性能が低下する原因となりかねません。
専門業者に依頼することで、防犯性能に問題ないかを考慮し、正確な交換作業を行ってくれますので、交換後の防犯性能をしっかりと高めることができます。
鍵を交換したことで防犯性能を低くしては交換する意味がないため、きちんとした鍵屋に依頼することをおすすめします。

自宅の鍵交換をするなら!専門業者に頼むか自分でするかどちらがいいのかなどを解説します

自宅の鍵を交換するなら、専門業者に頼むのと自分で頼むのとどちらが良いでしょうか。
自分で交換することに伴うデメリットとしては、自分で鍵交換を行うことで防犯性能を低くしてしまうことです。
例えば、安い製品を選んだために、最初についていた鍵より防犯性が低くなってしまったり、しっかり取り付けができておらず、施錠自体がきちんとできなくなってしまうことも考えられます。
反対に専門業者に依頼するメリットは、防犯性能をしっかり高めることができる点です。
鍵屋であれば、自分では取り付けられない高性能の鍵を取り付けることも可能です。
鍵交換で防犯性能を低くしては交換する意味がありませんので、専門業者に依頼しましょう。

鍵交換は自分で行うことができる?

防犯力を高めるために自宅の玄関ドアの鍵交換を行うことを希望した場合、自分で作業を行うことができるかどうかの判断は決して不可能とは言えません。
少しでも心配を感じる方には向いていない方法ですが、自力で鍵交換を行うには既存の玄関ドアに備わっている鍵の位置など細かな計測が欠かせません。
シリンダー型であれば中央から縁までのサイズ計測、厚みやサイド側の金具のピッチの計測も必要になります。
工具は電動ドライバーがあれば最適ですが無ければ手動式のドライバーでも対応は可能です。
自分での作業の難易度が高くなる鍵交換では、同じシリンダー式でも取っ手やレバーの設置位置が変更が必要な事例をあげることができます。
ドアが木製であれば電動ドライバーで対応できますが、金属製の場合ではインパクトドライバーで下穴を開ける必要性が出てくるので手動では不可能は範囲になります。
逆に言えば、インパクトドライバーをお持ちの方は玄関ドアでも鍵交換を自力で済ませることは選ぶ鍵次第で簡単です。

破損以外の理由で鍵交換が必要になることもある

鍵交換というと、曲がって破損しまってささらなくなる他にも、様々な理由で交換が必要になることがあるのではないでしょうか。
例えばガムのようなものを穴に詰められるいたずらをされてしまったり、長年の使用で緩みが生じて、鍵交換以外に直せる方法がないケースが挙げられます。
加えて鍵がスムーズに穴に入らない、ドアの刷新に伴い鍵が対応せずやむを得ず鍵交換となるケースもあります。
いずれにしても、破損は交換理由として大きなものですが、同時に理由の1つに過ぎないともいえます。
デザインが飽きたから変えたいというのも理由になりますし、セキュリティを向上させる為に変えることもあります。
大切なのは使いにくい状態を我慢しないこと、不満を覚えたら前向きに刷新を検討することです。
近年はスマホと連動して施錠や解錠ができる製品もあるので、導入すれば生活の質がアップする可能性があります。
かけ忘れが不安な人にとっても、遠隔で施錠状態が確認できるスマートロックのような製品は、既存の設備と置き換えを検討する十分な理由になるのではないでしょうか。

自分で鍵交換を行う時の手順とは?

玄関の鍵を新しく交換する場合、業者に依頼するというだけでなく自分自身での交換も可能です。
実際に鍵交換を自分で行う場合であれば、手順などを把握しておく事でよりスムーズに作業を行う事が出来ます。
実際に鍵交換を行う上での流れですが、まずは交換する予定の鍵が扉に使用できるかどうかを確認が必要です。
扉の種類によって交換できる種類が異なるので、ドアの厚さとフロントの幅と長さをチェックしバックセットの長さを確認します。
次にシリンダーの種類と型番を確認し、新しく交換する鍵の種類と型番が適合するかどうかをチェックします。
交換作業自体は扉側の金属板を取り外し、留め金となるピンを引き抜いたらシリンダーを取り外す手順です。
新しいシリンダーを設置したら引き抜いた留め金をピンを戻し、金属板を再度取りつけることで鍵の交換自体は完了です。
扉を閉めるまえに鍵がしっかり動くかどうか動作の確認した上で、鍵の取付は完了となります。

自宅の鍵交換をする時の注意点とは?

自宅の鍵交換をする際には、交換したことを第三者に知られないようにすることが重要です。
第三者から交換した噂が広まると、様々な悪意を持った人物にも伝わりトラブルの原因になることも少なくありません。
鍵交換の際には信頼できる業者を選ぶとともに、スペアキーの所在なども明確にしておくことが重要です。
鍵交換を行う際の注意点は、従来に比べ防犯性の高いものに変えることです。
最近ではディンプルキーシリンダー錠等が一般的となっており、また異なる種類のものを2つつけると防犯性が高まります。
最近では同じ鍵で開けることができるものもありますが、これは基本的には意味がありません。
ピッキング対策にもならないため、十分に注意することが必要です。
鍵交換を自分で行う場合には、耐久性や取り付け方法等にも注意をすることが重要です。
特に一般の人が取り付ける場合には外部から外すことが出来るようにしてしまうと言うことも多いので、外側にネジ山を見せないようにするなど、様々な注意をすることが大切です。

鍵交換に関する情報サイト
鍵交換の情報サイト

自宅の鍵交換をするとき、安く済ませようとか早く済ませようと考えて自分で交換してしまうと、知識と技術がないことで防犯性能が低下する原因となりかねません。専門業者に依頼することで、防犯性能に問題ないかを考慮し、正確な交換作業を行ってくれますので、交換後の防犯性能をしっかりと高めることができます。鍵を交換したことで防犯性能を低くしては交換する意味がないため、きちんとした鍵屋に依頼することをおすすめします。

Search